ここに来て 空前の『ひつじのショーン』ブーム到来 2016/10/31/Mon

ニック・パークのクレイアニメが大好きで、『ウォレスとグルミット』は、ビデオテープが擦り切れるほど繰り返し繰り返し見て来ました。
日本語版の欽ちゃんの吹き替えが最高です。

そして、
この夏から、私とペンちゃんに『ひつじのショーン』ブームが到来。『ウォレスとグルミット』に登場していたキャラクターのスピンオフとして作られ、もう10年ほど前からNHKで放送されています。これまでそんなでもなかったのに何故かここに来て、はまっています。

img_4299

とにかく癒されます。何が良いって、台詞がありませんのよ。
1話7分のアニメ(ストップモーションアニメーションです。粘土の人形を少しずつ動かして撮影したものをつなげる手法)ですが、動物、羊や犬の鳴き声と、一応人間も登場しますが、オ~とか、ウ~とか、チッとか、ブツブツ言う音を発しているだけで言葉は発しません。これは羊目線の人間を描いているからだそうです。

とにかく発想が面白い。ショーンは牧場主の見ていない所では普通に二足歩行で、羊毛は着脱可能、下には赤いブリーフを履いていて、ヘッドフォンで音楽を聴いたり、人間と同じように行動します。いたずら大好きな男の子、頭の回転が速くて何にでも興味を示します。セリフがないので、すべてを子供にも理解出来るように描写されていて、脚本が単純明快で秀逸です。クスッと笑えて、後味スッキリ。
イギリスのカントリーサイドの牧場が舞台なので、私は秘かに牧場主の家のインテリアを楽しみにしていて、家具や壁紙、照明器具、家電製品など粘土なのにちょっと憧れています。

 

昨年公開された映画『ひつじのショーン バック・トウ・ザ・ホーム』は我が家では最高傑作扱いで、もちろん1時間以上まったく台詞なし。すべてを粘土で表現する忍耐と根性、爆笑&ほろっと泣かせる名作です。
これを見ると、ありきたりの日常がどんなに大切か思い知らされ、しかも誰しもみんな必ず誰かに必要とされているという温かい安堵感に満たされます。ペットがいる方は、たぶん胸がキュンとなると思います。

img_4298

ペンちゃんは今発売されているDVDをすべて購入。

img_4300

ポーチはお揃い。

img_4294

50cmのショーンはペンちゃん大のお気に入りで、家に居る時は常に携帯しています。
今年から社会人1年生になったペンちゃん。都会の満員電車に揺られ、日曜も祝日も盆も正月も関係ない夜勤のある仕事をしているので、やはりつらいことも多く、ショーンを抱いて、懸命に心のバランスをとっているらしい・・・。ショーンの貢献度高し。

 

これどうかしら・・・ 買おうかしら。

 

 

 

2016-10-31 | Posted in つれづれなるままに | | Comments Closed 

関連記事