やめてみたらなかなか良かったこと第6位「ウォーキング」 2016/09/28/Wed

きのうからのつづき、今日は第6位です。
やめたこと、「歩く」です。
嘘です・・・全然歩いてなんていなかったので、本当は
「歩かなければ、と思うのをやめた」です。
もともと運動するのは好きではないので、少しは何かしなければ。それには、手軽でお金もかからず、いつでも誰でもすぐにできること、やっぱり歩くことですよね・・・
でも私は通勤がないので、これがなかなか出来ません。外を歩いて来るには、まず服を着て、髪を何とかして、紫外線を防ぐ何かを塗って、靴を履いて行かなければなりません。しかも、ダラダラ少しだけ歩くのではなくて、きびきびと30分以上? 少し汗ばむぐらい? 出来れば1万歩?

0031

無理・・・

じゃあ、もっとハードル下げて、買い物に行くのだけでも歩きで行きましょうか。
でも現実の毎日は、
え?もうこんな時間?仕事を終え、片付けているともうすっかり日も暮れていて真っ暗。急がないと・・・
歩いている暇なんてないわ。重たいものも買いたいし、自転車で行こう。

出来ないとなると、ますます「やらなければ」と思ってしまって、だんだん思考がネガティブに。
健康で長生きするには歩くのが一番なのよね、ずっと座っている姿勢はよくないのよね、少しは歩かなきゃ、歩かなきゃ・・・
そんなふうに考えるのが日常になっていました。

でも、ふとラジオから流れてきた言葉。
お医者さまから「命とは何だと思う?」と聞かれた子供、「心臓?」「脳?」と答えます。
お医者さまは時計を指さし言いました、「命とは、時間だよ」

img_01751

ズキンと痛い。
ほんと。私にとっても、一番大事なのは時間なのに。
やだな、めんどくさいなと思っている時間がもったいない。そんなふうに思っている健康法が、体にいいわけないわ。
歩く時間がないなら、歩きたくないなら、必要なし。家で、ニュートラルな気持ちで、深呼吸している方が体にいい気がして来た。

きのうの節約も同じ。求めるのは節約そのものや結果ではなく、自分が楽しんでいる時間が持てているかどうか。全く節約にはなっていなかったただの赤い根っこのラディッシュ、水をやっている時間、土の中からまあるい美味しいラディッシュが出てくると想像していた間の楽しさ、そういうのこそ自分には大事だとわりました。
エアコンをつけずに汗だくになっている自分が可笑しくて笑いにかえられるならOK、そうでないなら節約なんて考えず涼しい部屋で心穏やかにしているべし。
牛乳使わなきゃと気にしているぐらいなら、少し高くても小さい牛乳を買って、また新しいのを買う楽しみを見つけたい。
歩いて買い物に行くのもあっさりやめて、自転車で少し坂を上ってスッキリすればそれで満足。
自分なりに機嫌よくいられる方を選ぶと、家族にも仕事にも落ち着いた気持ちで向かえるからその方がよかったみたいです。
本当は無理してでも歩いたり運動したりする方がいいのかは、実際の所今の私にはわかりません。でも、自分なりの考え方で時間を大事にしようと思っているので、心の平静は保たれています。

 

 

 

2016-09-28 | Posted in つれづれなるままに | | Comments Closed 

関連記事