大きいキルトを作るに際し.3

大切なことなのに、つい忘れてしまいがちなもう一つの理由、それは

『重さ』。

布の重さについて、考えてみたことはある?
どんなものを作るか決める時、多分ほとんどの人が考えないと思う。
でも、いざ使ってみると、物の重さというのはすごく大事だってわかる。
普段私たちは物を無意識に使っているから忘れてしまうけど、あらゆる分野のメーカーさんが、どんなに製品の小型軽量化に苦心していることか、それを考えてみただけでも、『重さ』が人の生活において、どれだけ重要かがわかる。
繊維の分野だって、例外じゃないの。身に着けたり、体に掛けたり、持ち運んだり、人間に関係する繊維は、
強くて温かくて(または涼しくて)しなやかで美しくて、
なのに『軽い』ことを理想として、進化し続けてきたのです。
実際、重い物っていうのは、使うにしても、洗ったり干したり畳んだり掛けたり、移動したりするのも大変で使い勝手が悪く、そのうち押し入れの肥やしになってしまうもの。
多分みんな心当たりがあるはず。 重いコートやバッグ、お布団なんかが、敬遠されて仕舞い込まれているでしょう?
大きなキルトだって同じこと。 すでに大きいってだけで重さがあるのに、それが細かく切った布が大量に接ぎ合わされたものだとすると、さらに重さに拍車をかけることになるの。

原因は、見えない所に「縫い代」っていう、
“作る上では必要なんだけど、使う上では必要ないもの” が隠れているせい。
細かく刻んでつなげばつなぐほど、出来上がったものは重たくなっていく。
悲しいかな、せっかく作っても、重い物は無意識に使わなくなって、だんだんと邪魔者扱いされていく危険をはらんでいる。
出来上がるかどうかも危うい上に、苦労して仕上げたのに今一つ実生活で出番がないなんて、なんだか損なことばかりね。
展示会とかで人に見せるために作るのはまた別物だけどそういうのにまったく興味がない私は、使うのが目的。
使うんだったら絶対に大きいものは軽く作るべきだと思う。
それには何しろ、出来る限り引き算して、「凝りすぎない」こと。
えーっ!と思うくらい単純なシンプルデザインでOK。
手でチクチク縫うのだって思いのほか早く進んで、ちゃんと完成するし、きっと、気楽に使えて、いつしか無くてはならない愛用品になっていく。

ところで
たまたま私は手縫いにこだわって作っているけど
「そんなに大変ならミシン使えばいいのでは?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。
「ミシン使っちゃいけないんですか?」の問いに、ミシン嫌いの私の答えは、敢えて、『それも有り!』 です。
そもそも、手縫いがいいか、ミシンがいいかなんていう問題は存在しません。
そんなことを問題視することは、ナンセンスです。
それは絵の具で描いたものだけがアートで、コンピューターを使ったものは芸術ではない、なんていうのと同じで
時代にそぐわない、ただの「やっかみ」みたいなもの。
物を作る道具や手法などは、時代とともに変化し、進化し、時に原点に戻ったりしながら、向上していくものなのです。
どちらにも、長所と短所があるのだから、それを理解した上で自分に合っているものを選択すればいいだけの話。
すべては自由! 既成の事実にとらわれる必要なんてないんです。
物を作るっていう行為は、そんな懐の広ーいものなのに、みんな何かを気にし過ぎ。
私は時々
「自己流でしかやったことがないので、ちゃんとしたやり方を習ってみたい」
って言われることがあるけど
自己流だなんて、なんてまぁ素晴らしい! と思うし、
なんで「自己流」をネガティブに捉えるのかがわからない。
だれか先生に習ったことがないから? 本に載っているのとやり方が違うから?
もし、そんなことを気にかけている人がいるなら、私からこの言葉を差し上げましょう。
ノープロブレム!
私は私の教室で、たまたま私のやり易い方法を教えるけど、生徒さんが私と違うやり方でも一向に気にしないし
むしろそれを期待しているくらい。
物作りの答えはひとつじゃない。
自分のやりたい方法で、自分の信じるやり方で、作りたいものを作ればいい。
うまくできなかったら、違うやり方を試せばいいし、自分に合ったやり方を模索し続けるしかないの。
大多数の人がやっていることが『正解』だなんて思わない方がいい。
物作りは、そんなに単純じゃないし、常に研究と修練が必要で、ゴールは、『完璧なる自己流』を極めることだと思う。
キルト作りはまさにそれ。
「キルト・・・・2枚の布の間に綿がはさまっていて、上から刺し子してあるもの」っていう大前提がクリアされていれば
あとは、なんだって『有り』。
材料も道具も手法も、自分に合っているものだけを探し続け、そして研ぎ澄ましていくだけ。
それは楽しくもあり、厳しく、つらいことでもある。
でも、物をつくる喜びは
何だか山を登るような、必死に泳いで辿り着いた岸辺のような、心地よい疲れ。
それを味わいたくて、また作り始めるのかも知れないね。
ちょっと大きいキルトを作る話から脱線しちゃったけど、
実はね、本当は・・・・・・・・


つづく

次回は大どんでん返し !? の最終回!

 

2012-11-18 | Posted in 読みもの | タグ: Comments Closed 

関連記事

folkie
フォーキーの商品は当サイトのご注文と合算・同梱が出来ます。ぜひ合わせてご覧下さい