食料品以外で久々のお買い物Makitaのハンディークリーナー 2017/02/24/Fri

すっかりご無沙汰してしまいました。みなさまいかがお過ごしでしょう。
私は元気にしております。
風邪もひかず、インフルエンザにもかからず、花粉症も発症していません。ただただ運動不足なだけの、相変わらず家から出ない毎日を送っています。

朝から晩までずっと家で仕事して、スーパーに食料品を買いに行くだけの行動範囲なので、今の私にはお洒落な洋服やバッグ、靴というものが必要ありません。
当然、すっかり興味がなくなって、朝着替える時(実際にはあるものを着るしかないのですが)何を着るか考えるのも面倒に思うようになって来たので、この際洋服は「スティーブ・ジョブズ方式」にしようかと検討中です。

さて、
そんな私が、食べもの以外で久々のお買物です。
これ。マキタのハンディークリーナー。

もともと几帳面でもなく潔癖でもないので、少々の古さや汚れは「味」と呼ぶ私ですが、とにかく扱っているものが繊維ですから、糸くずやホコリは際限なく出ますし、荷造りの際にダンボールの破片やら、隣では木を削っている人が居るやらで、とにかく部屋が汚れます。
昨年からなかなか掃除の時間がとれないので、これはもうお掃除ロボット買うか?と思ったのですが、考えてみたらあれは床しか掃除してくれないし、その床にも椅子の脚、テーブルの脚、無数のカゴなど物があって床面積そんなにない・・・。
あれは、広くて、ものが無いお家のためのものですね。

でも、時間がない時こそ、めんどうがらずにこまめに掃除して汚れを溜めないことが大事だと思うので、掃除機を出してくるのが億劫にならないようにしなければ。

なので、まず必要な条件はコードレスであること。コードレスの掃除機はいろいろ出ていますが、もう床そうじ重視の大きいものは要らない。小回りがきいて、デスクの上や階段も気軽にかけられる軽くて小さいのがいい。

というわけで、ネットでいろいろ探した結果、このマキタのを買いました。
マキタは電動工具などのメーカーで、このタイプのハンディークリーナーは新幹線の清掃で使われていることでも有名です。
本当は、今品切れ中の最新型が欲しかったのですが、待っているとホコリが積雪2cmに達しそうなので、この際妥協しました。
結局何を買ってもどこかには不満は残るし、しばらくしたらそれも旧型になるのですからね。これで十分です。

これまでは、海外メーカーのハンディークリーナーを使っていたのですが、16時間充電して10分も使えないという低機能だったので、このマキタのは比較にならないほど電池が長持ちして感動します。
2~3時間充電すれば、20分くらいは掃除出来てストレスフリー。
HIGHは音がかなり大きいけれど、LOWはまあ我慢できる程度なので良しとします。

それなりにちゃんと吸います。私は、吸引力はそんなに求めていませんでした。なんでも吸っちゃうとかえって面倒だし、吸う力が強いということは排気も大きいということだから。
小さいけれど、紙パックなのでごみ処理も楽そう。パックを買う消耗品代は掛かりますが、フィルターを洗う手間を思えば目をつぶりましょう。

立ってかけられる長いのと狭い所用のノズルもセットされていてこれで我が家の掃除はだいたい間に合いそうです。車の中の掃除にもいいですよね、コードレスは。
部屋のすぐ手に取れる場所に置いておきたいので、本体に余計な色を使っていないところも好きな点です。

家が散らかっていても死にはしませんが、やはりメンタルは弱っていくような気がします。掃除をして、気持ちをリセットして、悪い「気」を排除しましょう。
買いましたから、この小さな掃除機で、毎日少しずつ、ちゃんとまめにお掃除することにします。
宣言。

 

私が購入したのはこの型です↓

 

 

 

 

 

2017-02-24 | Posted in 暮らしのあれこれ | | Comments Closed 

関連記事