カルトナージュで『プレゼントボックス』を作るワークショップ当日の様子 2016/11/11/Fri-11/19Sat

ワークショップ当日。
カルトナージュで、小さな丸い箱を作ります。こちらは私の事前の見本です。
img_3935

本当は大勢でワイワイやりたかったのですが、カルトナージュは思いのほか散らかるのでスペースが必要、金曜日は私を含めて6人で行ないました。6人でも少し狭かったかな・・・。

dsc_0400

最初は黙々と作業です。厚紙を丸い箱になるよう貼っていき、その上に布をボンドで貼っていきます。

dsc_0405

カルトナージュはまだまだ修行が足りず、順番間違えたり説明の手際が悪かったにも係らず、みなさんちゃんと付いてきて下さいました。

dsc_0408

刷毛でボンドを塗って布を貼っていく作業は、縫うのとはまた違った楽しさです。写真ではたまたま笑顔なしですが、実際は苦労しながらも結構楽しんでやっていたんですよ。
今日は丸い箱なので、のりしろに切り込みをたくさん入れます。切り込み→貼る→切り込み→貼るの繰り返しで、 だんだんハサミを持つ手が疲れてきます。

dsc_0411

でも、前半が終わって本体が出来上がると少しホッとして、休憩したあと蓋の方は少し落ち着いて作っていけました。

そして

img_4537

完成ー!

img_4540

みんな内側は布が違います。 それぞれに個性が表れますね、そこが面白い所です。

img_4546

カルトナージュ、縫うのとはまた違った角度から布の楽しさを味わえます。
ただ、やはりこれも見るのとやるのとでは大違い、ひとつふたつ作っただけでは簡単に満足のいくものは出来ません。
でも、手仕事は「むずかしいからこそ楽しい」。失敗と上達を繰り返しながら、自分なりのものを見つけていけるからこそ価値があるのだなと、あらためて感じました。

 

こちら↓は19日の土曜日ご参加の皆さんの作品です。

img_4557

やはり、多少苦労しながらも、可愛く出来上がりました。布合わせが素敵です!

img_4560

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

 

2016-11-12 | Posted in お店の仕事 | タグ: , Comments Closed 

関連記事

folkie
フォーキーの商品は当サイトのご注文と合算・同梱が出来ます。ぜひ合わせてご覧下さい