アクアカラーのバッグ/たくさん入れても軽くて持ちやすい疲れ知らずのバッグ

毎日使うバッグを、布で手作りしてみませんか?

このバッグは、毎日のお買い物、お出掛け、日帰り旅行など、物を入れて長時間持ち歩いても、疲れ知らずの頼りになるバッグです。
「バッグが好きでたくさん持っているけれど、結局自分で作ったこのバッグが一番持ちやすい」
「子供を抱っこして、一番楽に使えたのがこのバッグ。今は3代目を愛用中」
と、使用後のご感想をいただいています。

手作りの布のバッグは、シンプルで自由度が高いのが良い所。
既製品のバッグのように、たくさん仕切りがあったり、あちこちにファスナー付きのポケットがあったりすることはないけれど、結局は何もない単純なバッグが使い良かったりするものです。

そして、柔らかくて、軽い所は、布のバッグの最も優れた長所。
持って歩くものは、とにかく軽量でないと、疲れます。そもそもバッグ自体が重いなんて論外。
歩いている時に、体のどこかに当って痛いとか、そういうバッグは結局使わなくなってしまうものですが、これはそんな心配は皆無。
軽くて体にフィットして馴染んでくれるので、使うほどに手放せなくなるバッグです。

底が大きくて、荷物がたっぷり入ります。
マザーズバッグにもお薦めで、実際、リュックより断然便利です。
軽くて出し入れしやいバッグは意外に売っていないので、出産祝いのプレゼントにも大変喜ばれます。
お誕生日や母の日のプレゼントにも、ぜひ手作りのバッグを贈りましょう。

でも手作りって言っても、ミシンがないと作れないんでしょ?と、あきらめないで下さいね。
手縫いでちゃんと作れます。
思った以上にしっかり出来上がりますので、重いものだって入れられます。
(もちろんミシンがお得意なら、ミシンも併用して下さいね。)

小さな布が、使えるバッグになっていく工程はとても楽しくて、何度やってもわくわくします。
まずは、正方形を三等分したものを縫いつないでいきましょう。
ちょっとした隙間時間で1枚縫えてしまうので、忙しい方にもお薦めです。
切った布と針と糸、小さなハサミがあれば出来るので、家事や育児の空き時間とか、職場の休憩時間とか、実家に帰って暇な時とか、いつでもどこでも出来てしまいます。
ほんの少しの時間でも、針を持ってちくちく縫うと、スーッと呼吸が楽になって、気持ちも晴れていきます。

縫ったものを交互に市松に並べると、濃い所と明るい所で階段のような模様が生まれます。
自分で縫いつないだものが、離れて見るとこんなふうに見えるんだ!と、ちょっぴり感動する瞬間です。

持ち手と底に選んだのは、くすんだブルーの格子の布。国産の、しっかりとした質の良い布です。
全体はくすんだブルーとパープルが混ざり合って深みを増したアクアカラー。
世代を越えて愛される色なので、長く飽きることなくお使いいただけます。

持っていて疲れないのは、多分持ち手が肩の形に逆らわないからでしょう。これも、手縫いのなせる業。
肩に掛けないで、手で握ったり肘にかけて使いたい場合は、持ち手を短くして作ってみましょう。
使い方や好みによって、自分に合った仕様に出来るのも、手作りならでは。

底には、少し多めのキルティング。多少面倒に感じるかも知れませんが、ぜひやってみましょう。
キルティングは、間に綿などを挟んで「刺し子」することです。綿を固定し、さらに布の強度を増す目的で行われます。
摩擦で傷みやすい箇所を、上からさらに縫う「刺し子」をすることで、ほころびや破れを予防します。
模様のデザイン性を楽しむと同時に、布の耐久性を高めているのです。
「刺し子」というと、日本では、火消し半纏や、剣道の道着、ふきんなどが思い浮かびますよね。
キルティングって、どうしてもやらないといけないのですか?とか、「縫いつなぐのは好きだけど、キルティングは嫌い」というお声を時々聞きますが、バッグを丈夫で長持ちさせるためと思って、ぜひやってみましょう。

カラーでわかりやすい作り方説明書が入っていますので、初めてでも最後まで作れます。
軽くて疲れ知らずの手作りバッグ、ぜひ挑戦してみて下さい。

2019/8/26販売開始―ただいまキット販売中です


商品No.:KT-201
商品名:アクアカラーのバッグキット
価格:¥4640

セット内容:布・キルト芯・作り方説明書
出来上がりサイズ:幅約41x高さ約31cm(持ち手含まず)


キットとご一緒にいかがですか?
縫い糸:Lベージュ/色番17 ¥242
キルト糸:パープル/色番91 ¥407

バッグ作りの必需品:しつけ糸¥308
道具や糸のページ


お気に召しましたら、商品No.・商品名・価格をメモしてご注文をお願いします。

 

2019-08-23 | Posted in バッグ・ポーチのキット | タグ: Comments Closed 

関連記事