マスク作りをお考えのみなさまへ 2020/04/10/Fri

マスクが手に入らなくなり、手作りしようと考える皆さまも多いかと思います。
私のサイトでも、こんなことになるとはつゆほども考えていなかった12月末に、1点だけ載せていたダブルガーゼ。
ここ数カ月、マスク作りのためにと、かなりのお客様にご購入いただきました。

ほかのお店やネットショップでも、2月頃から突如ガーゼだけが飛ぶように売れ、供給が追い付かず、結局そのまま入荷しない状態が続いております。

でも、みなさま、
少し落ち着いて考えてみて下さいませ。
もちろん、布のマスクと言えば、あの、白いガーゼのを思い浮かべるのは当然としても、決してガーゼじゃないとマスクが作れないわけではございません。

ガーゼは、やわらかくて肌触りが良く、織りが粗くて呼吸がし易いという利点はありますが、逆に言うと、遮断性は低いということでございます。
もちろん、飛沫を抑えることは出来ますので、着ける意味はあるのですが、だったらガーゼじゃない布でもいっこうに構わないわけです。

私自身は、マスクをガーゼでも作りましたし、ほかの布でも作ってみました。
個人的な感想ではございますが、洗って使い回すなら、だんぜん「ガーゼ以外」をお勧め致します。

〇ブロード
〇シーチング
〇シャーチング など

木綿の布で、硬すぎない布なら何でも大丈夫だと思います。
ご自身の顔に当ててみて、ごわついたりチクチクしたりといった違和感を感じなければその布でOK!
ガーゼに比べ、洗ったあとの型崩れも少なく、アイロンかけも楽でございます。

とにかく今は、
布の材質にこだわるより、すぐに作って、常につけることが先決でございます。
きっと、ガーゼ以外の布なら、マスクを作るくらいの量はお持ちの方が多いのではないでしょうか。
ぜひ、お手持ちの布から、作れそうな布を選んで、お試し下さい。

布を販売している身と致しましては、「ぜひうちの店で!」と購入をお勧めしたいところですが、届くのを待たず、今は、ぜひ手元にあるもので作ることもご検討下さい。


昨今、スーパーに買い物に行きますと、様々な「手作りマスク」をしている方を見かけます。

清潔感のある薄い色のもの、爽やかに感じるブルー系、などなど。
逆に、ここは柄で個性を出して!というのもよろしいかと。
ロマンチックなバラの柄も素敵。ポップで明るい色のもいいですね!
水玉や小花も可愛い!
男児や男性用には黒っぽい布も忍者みたいでカッコいい!
洋服の雰囲気に合わせるの、お洒落~。
何かと暗い気持ちになりがちですから、ぜひ楽しく手作りいたしましょう。

ミシンがなくても、手縫いで十分作れます。
私も最初は、ネットで無料の型紙や作り方を提供して下さっているサイトのを見て作りました。
「手作りマスク」でググってみましょう。
その後、使い捨てマスクをお手本に自分で試作。もちろん全部手縫い。まつり縫い。
表の針目だけ何となくきれいに縫えばいいのです。裏なんてどうでもよし。
てか、人から針目が見えるほど近くに寄っちゃダメ。
これは試作品、淡いグリーンの無地です。

マスク用ゴムも、今は入手困難なので、使い捨てマスクのを切ってとっておいて、使いました。
ゴムじゃなくても、顔からマスクが落ちなければいいのです。
ひもでも、リボンでもいいのですよ。ひもも布で作ってもいいのです。
鼻の所にあるワイヤーも、使い捨てマスクから抜き取って使いました。
無ければ、よくパンやお菓子などの袋をねじって留めてあるビニタイっていうもの、あれを使うと良いかと思います。


皆さまもぜひ、手に入らないものはすんなりあきらめ、マスクは絶対ガーゼ!という既成概念を捨て、有るものを使って、アイディア生かし、黙々と手を動かし、この苦難を乗り切ってまいりましょう。

 

2020-04-10 | Posted in お知らせ | | Comments Closed 

関連記事

木の雑貨-Folkie
木の雑貨屋さんフォーキーのサイトは、月ごとにセレクトしている音楽が人気です。上の写真をclick or tapすると、新しいタブでページが開きます。音楽を聴きながらゆっくりご覧ください。