新しいキットと再登場のキット お薦めポイントと裏話など 2019/02/19/Tue

少し間があきましたが、今日新しいキットが出ております。
もうひとつ、復活して再登場したキットもございます。
どちらも、どうぞよろしくお願い致します。

新しい方は、赤と白のキルト。
簡単で、簡単な割には見栄えがするキルトです。
ふだん、なかなか作る時間がとれない!というお忙しい皆さまも、これは意外と作りやすく、お薦めのキットです。
パターンを1枚縫い上げる毎に、とりあえずそこで満足して、一端気持ちの整理が着きます。
それを25回出来るので、ちょっとしたストレス解消が25回も出来るという想定。
布を切るだけ切って用意しておけば、2時間ほどで1枚縫えるでしょうか。
もっとゆっくりやるなら、切るのに1日、縫うのに2日かけて、3日で1枚みたいなペースでもいですよね。
いずれにしても、やっている際中はとにかく楽しくて、時間を忘れます。
ぜひお試し下さいね。

このキルトを作ってキットセットを組むに当たって、布集めには約1年を要しました。
年々、好きな布が見つかりにくく、入手困難になっています。
特に、私は1作品に柄数を多く使うのが特徴なので、最近は非常に厳しい状況です。
悲しい限り・・・

このキルトは、この5つのパターンを作るのですが、実際にこの5つに落ち着くまで、結構たくさんの形を縫ってみました。
私の店のキットには、
・初心者と言いますか、ふだん縫い物などあまりしない人にも、やってみたいなぁと思ってもらえるもの
・未完成に終わらず、最後まで形になって、使えるもの
・製作中楽しくて、次も作りたくなるようなもの
以上の条件を満たすもの、という結構高いハードルを設けております。

ですから、見本を作る際、すでに私自身が、「面倒くさいなぁ」とか、「これあと〇〇枚も縫うの?」とか思うようなものは、却下されて商品化されません。
この5つのパターンに決まるまでには、不採用になったパターンがいくつもあり、裁断したけど使われず廃棄された四角や三角がビニール袋いっぱい。
そうやって、削ぎ落として、引き算を繰り返して、出来上っています。

自分自身ではいつまでたっても決して満足はできないけれど、それでもお客様から、「出来ました!」「楽しくて時間を忘れました!」「もう何年も愛用しています」といったお便りが届くと、それはもう全て報われたような気が致します。
みなさまそれぞれに、お仕事があったり、子育てがあったり介護があったり、闘病があったり、努力しても思うようにいかなかったり、人間関係に鬱々としたり・・日々、楽しいことばかりではないかも知れません。
もしそれが、少しの時間針を持つことで癒されるのなら、私がほんのちょっぴりでも役に立っているのなら、本当にうれしく思います。

いつも、新しいキットをサイトに載せる日は、ドキドキです。

これは余談ですが、
さっき、好きな布が入手困難になって来ている、と書きましたが、ここのところ赤が続いていたので、実は本当は赤ではなくピンクのものが作りたかったのです。
でも、ピンクの布は、赤以上にいいものが見つかりません。これを読んで下さっている皆さまも、薄々気付いておられるのではないでしょうか。
本当に、好きになれる布がない・・・。
ピンクに限らず、淡くて優しげな、品のいい柄の布、さり気なくノスタルジックな可愛い布は、本当~に少ない。
絶滅寸前です。
仕事で、いろいろ見本帳など見る立場の私でも、危機感を感じるほど、減ってきています。

理由は、明確にある、と、私は思っています。
要するに、人口減少のせいです。

布は、今もちゃんと製造されてはいます。
でも、人々の好みは多様化していて、その中では私の好きなものは「少数派」になってしまっていて、メーカーさんは、「少数派用」としてしか扱いません。
しかも、分母の日本人そのものの数が減っているのですから、年々その領地は縮小されていきます。

メーカーさんは、自分の生き残りがかかっていますから、売れるものしか作りません。
海外(アジアの富裕層向け、南米などへの輸出)などを視野に入れて、物を作るのに必死です。
それを、「少数派」は、止める立場になく、止める勢力もありません。
指をくわえて見ているわけではありませんが、やはり大河の流れを止めることはできず、仕方なく現在入手できるもので上手く折り合いをつける、ということしか、今はなす術がありません。

とりあえず、少数派は「自分は少数派であること」を自覚して、もっとアピールせねばなりません。
それには、「ずっと私のお店ではこういうのが売れています」ということを各メーカーさんに認識してもらい、「売れるなら作りましょう」という方向へ持っていかなければなりません。
立場は、非常に弱いです。

これをお読みいただいている皆様は、私と好みが似ている確率も高いかと思います。
自分がイイと思っているものは多くの人がイイと思うはず、だから常に世の中に存在し続けるのだ、という幻想は捨てなければいけません。
みなさま、自分が少数派に属しているとは夢にも思わないかもしれませんが、現実の話です。
少数派は、いつかは消える運命にあります。でも、少しでもそれを先に延ばすか、出来ることなら、起死回生を狙いましょう。
ぜひ、折りにふれて「こういう色や柄が好きだ!」とアピールして行きましょう。
私も頑張ります。

さて、余談が長くなりましたが、

復活して再登場したキットは、「たまごちゃんのベビーキルト」です。
2009年に製作して、長い間人気のキットでしたが、約2年前に販売を終了していたものを、このたび説明書をリニューアルして再び販売することに致しました。

そこで、説明書を新しくするためと写真撮影用に、キルトの一部分を作る、というのをやりました。
料理番組でよくある「その、30分煮込んだものがこちらです」みたいな感じの、途中まで作ったもの、です。
キットの説明書、とても詳しくわかりやすくなっておりますので、キルト作りをやってみようかどうしようか迷っている皆さまは、ぜひ私のお店のキットで初挑戦してみて下さいね。

黄色のベビーキルトは、男の子でも女の子でも、どちらが生まれても大丈夫なので、ぜひ早めに余裕をもって作り始めて下さい。
何はさておき、「慌てないでゆっくり丁寧に作る」これさえ出来れば、器用・不器用は関係ありません。

キルト作りは、デジタルな便利さとは無縁です。
アナログで、地味で、手間が掛かります。これさえあればすぐ完成!みたいな、魔法のような裏ワザも便利グッズもありません。
鉛筆とハサミで、針と糸で、こつこつちくちく、自分の手だけを使って、作り上げていきます。
だからこその、この柔らかさ、温かさなのです。時間も手間も、掛ける価値は十二分にあります。
そしてそのうち、その地味~な作業が、大好きになっていたりします。
ほんとに、不思議です・・

黄色のものをお部屋に置くと、金運がアップするみたいなことをよく耳にするので、そういう意味でもこれは是非お作りになってみて下さい。
そして、何かあったら(宝くじが当たったとか)、必ずご一報下さい。

 

たまごちゃんのベビーキルトキット

赤と白のキルトキット

2019-02-19 | Posted in お店の仕事 | | Comments Closed 

関連記事

木の雑貨はこちらのサイトに移動しました
オンラインショップにお裁縫箱や布の収納に使えそうなボックスやウッドバスケットなど並んでいます。上の写真をclick or tap!