放置された夏の庭と忘れ去られた秋の庭の備忘録 2018/11/20/Tue

すっかり1カ月に1回の更新となっているこのブログ(猛反省)。
6月の15日以来、庭の記事をまったく書いておりませんでした。でも、
今年の夏の暑さは尋常ではなく、庭に出るなど有り得ない状況でしたので、例年以上に放置しておりました。
荒れ放題で、撮影スポットもなかったのですが、たった一日だけ、7月3日に撮った写真がありましたので、自分の備忘録も兼ねて、載せておきたいと思います。

6月に写真撮影のために切ったブラックベリー、まだほんのり赤いだけだったのが

7月には真っ黒に完熟。今年は、ジャムにしようなどとハードルを上げず(毎年冷凍庫に入れっぱなしになるので)、そのまま食べることにしました。
種が硬いのが多少気になるのですが、味は甘酸っぱくて、まあまあ美味しかったです。

春に球根を植えておいた白のグラジオラス。ちゃんとそれなりに咲いたのです。

ですが、猛暑→台風→猛暑→台風という日々でございましたので、当然、このような事態に・・・
暑さで、もうどうでもよくなり、対策せず。

ギボウシは、深く青味がかった葉っぱを大きく広げ、気品のあるお花をつけていました。

チューリップが終わった花壇に、種を蒔いておいたホウセンカ。
間引きをしなかったおかげで、ぎゅーぎゅーに生えて、台風で倒れた茎があらぬ方向へ曲がって伸びて、そのあとバッタに食べられて、散々な見た目に。

お花と、はじける種を楽しむつもりだったのに、予想外の展開に。
この頃にはすっかりガーデニング熱が冷めてしまっておりました。
その後、8月9月10月と、蚊と雑草と、無尽蔵に伸び続けるツルバラと戦う以外は特筆することもなく、写真1枚撮らず・・・。


11月に入り、やっと気持ちに余裕が出来て、ふと気が付くと、レンガのすき間から菊が・・・
あら、石の後ろにも、菊が・・・

放っておいても、季節はめぐっていました・・・

植えた覚えもなく、妙な場所に勝手に生えてきたものですが、花が少ない時期にこれはとても有難く、この菊を、大切にして毎日眺めて楽しんでいます。

ブルーベリーの葉っぱが、真っ赤に紅葉して綺麗です。

そして、今、元気なのはこの子たちだけです。 ポリゴナム(ヒメツルソバ)。

どんどん広がって、はびこっています。

お花は、こんぺいとうみたいな形。

小さなカラミンサの花は、よく見るとカトレアのような形なのね・・・

咲き始めたつるバラ、ブラッシュノアゼット。秋のバラは、春のより色が濃くて、香りが澄んでいます。
冬になって、このまま散らずに凍ってしまうことも。

今年は、猛暑のおかげで庭に出られなかったのに加えて、読書にはまってしまって、時間が出来るとひたすら本の虫になってしまい、ガーデニングはおざなりです。
でも、チューリップの球根は買ったので、来年の春のために、これだけは植えようと思っています。
でないと、未来の自分に、文句をいっぱい言われそうなので。

 

2018-11-20 | Posted in 季節の出来事 | タグ: Comments Closed 

関連記事

木の雑貨はこちらのサイトに移動しました
オンラインショップにお裁縫箱や布の収納に使えそうなボックスやウッドバスケットなど並んでいます。上の写真をclick or tap!