猛暑のお蔭ではかどる「読書」スマホアプリ「ビブリア」で記録&管理が楽しい! 2018/08/07/Tue

今日関東地方は久々に暑さから解放されましたが、各地のみなさまいかがお過ごしでしょう。

例年は、「寒いよりはまだ暑い方がいいんです」が口癖だった私も、今年はなかなかこのセリフは出ません。
日曜日も、普段ならどこか外出するところ、今年はただただ家に居ます。これは、外に出てはいけない気温・・・食料品の買い物でさえ、出来れば行きたくありません。
エアコンで部屋を冷やさないと何も出来ず、食欲もわかず、仕事も日常生活も、まったく進みません。

そんな猛暑の中、その猛暑のお蔭で逆にはかどっているもの。それは、読書でございます。
普段から、寝る前に1時間本を読むのが私の日課でございましたが、こう家に居りますと、本を読む以外やることがないんですよ・・・。
しかも、家のすぐ裏には区立図書館があるという好立地に住んでいるため、読む本には事欠きません。普段の倍のペースで読書がサクサク進んでおります。

ところで、本好きのみなさま、
読んだ本は何かに記録していらっしゃいますか?
私は今まで題名と著者ぐらいはメモしていたのですが、題名ってすぐ忘れてしまって、「これって読んだっけ?」とか、「どんな内容だっけ?」とか、思い出せないことが多かったんですよね。
昔はそのせいで、読んだ同じ本をもう一度買ってしまう、読み進むうちに、「あ、私、犯人知ってるわ・・・」と興味が一瞬で失せる、そういう事態に、時々遭遇したものです。

というわけで、この先、そんなことが起こらないように、スマホで読書を管理することにしました!

読書管理ビブリア

私が使っているのは、ビブリアというアプリです。「シンプルで余計な機能がないので使いやすく、お薦めです」と、他のアプリを使った方の言。

読書管理ビブリアの本棚こんなふうに表紙の画像で本棚が作れます。

これは↑実際の私の本棚でございます。最近は、時代小説を多く読んでいます。

読んだ本を登録するのは、手動でも出来ますが、本の裏にあるバーコードを読み込んで、ピッと簡単登録も可能。楽しい~

私の使い方、まずは、読みたい本を探して登録しておきます。例えば「東野圭吾」で検索しますと、

このように↑著作がすべて出て来ますので、「+読みたい」をタップしてリストアップしておきます。簡単なあらすじもわかります。
読んだら本棚へ移して、自分なりの評価や感想も記録しておくことが出来ます。

読んだ本の量はグラフ化され、このお蔭で少なからず、モチベーションがアップします。
たくさん読むと、なんか、この、本の妖精?みたいなおじいちゃんがコメントしてくれます。(たまに意味不明)
本を読んだら読みっぱなしだった私ですが、こうして管理し始めてみるとなかなか面白く、スマホのアプリ、本好きのみなさまにちょっぴりお薦め致します。(本心は、手書きの読書ノートを作るのが理想だと思っていますが、なかなか・・)

私は、昨年は1年間で35冊しか読めなかったのに、今年は8月7日現在ですでに32冊。7月は6冊も読了。読むのが遅い私にしては、異例のペースです。
それもこれも猛暑のお蔭。
そうは言っても、出来れば暑さは平年並みでお願いしたいところ。

 

ビブリアは無料のアプリで、アプリStoreなどで入手できます。iPhone用 Android用あるようです。

 

2018-08-07 | Posted in 暮らしのあれこれ | タグ: Comments Closed 

関連記事

folkie
ウッドボックス・ウッドバスケット・ソーイングケース・トレー・時計など手作りの木の雑貨とイギリス、フランスのアンティーク雑貨。フォーキーの商品は当サイトの商品と一緒にお届け出来ます 上の写真をclick or tap!