2020年買って良かったものは、これ! 2020/12/28/Mon

2020年も残りわずかとなりました。
みなさまいかがお過ごしでしょう。

年初には、世界がこんなことになるとは1ミリも想像出来なかった年。
何でもない日常が送れることがどれ程幸運なことだったのか、東日本大震災以来、久々に思い知らされた1年でした。

私自身は、もともと在宅人のため生活の変化はあまりなく、記憶に残る出来事もほとんどなし。
ふわふわと、覚めない夢の中を漂っていたような1年でした。
とは言え、年末ということもあり、振り返ってみると、今年はほとんど家にいたので、生活必需品以外の買い物はほぼゼロに等しかったのですが、唯一買ってよかったと思えたものは、これでございます!

縫いもの専用メガネ

私は、子供の頃から視力だけは良く、40歳までは視力検査はだいたい両方1.5。
メガネのお世話になったことは、一度もありませんでした。
ところが、
視力の良い人は老眼が早い?ということなのか、だんだん近くが見えなくなってきて、左目の乱視も入ってきて、45歳には老眼鏡が必要になりました。
それ以来、細かいものを見る時、もちろん縫い物をする時も、老眼鏡をかけているのですが、ここ数年はメガネをかけても電灯の下では縫い目が見えないので、夜の縫い物は自然と避けるようになっていました。

うーん・・・
メガネ、新しくしてみようかな・・・

そして、
世の中が少し落ち着いていた真夏、地元の駅ビルに入っているメガネ屋さんで作ってまいりました!

今までは、検眼する時に、例えば新聞や本を読む時、パソコンの画面を見る時など、いろいろな場面を想定して、平均的にどの用途にもそれなりにちゃんと見える位置でのレンズを作っていたわけです。
だいたい対象物と目の距離は40cmぐらいでした。

でも、今回は、最初から、縫い物をする時専用のメガネを作るつもりで、相談にのっていただきました。
実は、
この機会に測ってみたら、自然な状態で自分が縫い物をしている時、手元と目はすごく近くて、20cmぐらいしか離れていないことに初めて気がつきました。
だから今までのメガネでは、ピントが合わなくてよく見えなかったみたいです。
それを店員さんにお話しして、ほかの用途には使えなくていいから、「ここ、この距離だけに合わせて下さい!」とお願いして、レンズを調整していただきました。

そして、10日後、出来上がったメガネを、取りに行ってきましたよ!
本当に、本も読めないし、事務仕事も出来ないし、パソコンの字も見えない。
縫い物以外、何もできないのだけど、正直、これはメッチャ良い!!
思った以上に気持ちよく、すいすい縫えます!
裸眼で見えていた頃のような感覚が戻ってきたみたい!
夜も問題なく縫えたし、これは良い!

今回は、デザインもフレームなしを選んだので、軽くて、かけている感覚がほとんどなく、いつまでたってもメガネが煩わしい私には理想的。
これが似合ってるかどうかは、もう二の次で。(第一、マスクしてるから、わかるわけない)

今年は、
物を作る時間があまりとれなかったのですが、いざ縫い始めたら、このメガネのお蔭で、かなりスピードアップして、効率よく作業出来た気がします。

私は、有難いことに、日頃、肩こりというものがありません。
もちろん、針仕事でも肩は凝らないので、そんな私が言っても全く説得力はありませんが、「縫い物をする時だけ肩が凝る」という方は、メガネを作ってみたり、変えてみるのはいかがでしょう。
自分が一番楽な姿勢で、一番すんなり縫っている時の手元と、目までの距離はどのくらいなのか、そこに焦点は合っているのか、あらためて見直してみてはいかがでしょう。

『肩が凝る』、その原因は、もしかして、ピントが合う位置に無理に手を持って行っているせいではないでしょうか・・
縫い物専用のメガネを作ってみる、これは結構お薦めです。

今年2020年、私が買って良かったもの、でした。


みなさま、今年も1年、ありがとうございました。
お体を大切に、佳いお年をお迎え下さい。

2020-12-28 | Posted in 暮らしのあれこれ | タグ: Comments Closed 

関連記事

木の雑貨-Folkie
木の雑貨屋さんフォーキーのサイトは、月ごとにセレクトしている音楽が人気です。上の写真をclick or tapすると、新しいタブでページが開きます。音楽を聴きながらゆっくりご覧ください。