5月から真夏にかけての庭の備忘録 2020/08/19/Wed

前回の記事では、バラのつぼみがふくらんだところで終わっていた庭。
その後の様子、もう今更という感じですが、備忘録として残しておこうと思います。

バラは、いつも通り5月のあたまに咲き始めました。
ピエール・ド・ロンサール。
強健なので、ずぼらな私が主でも、一応このように咲いてくれます。

でも、心なしか、お花の美しさが、今年はそれほどでもないような・・・。
単に、自分の気持ちがそう言っているだけなのか・・?
この頃は、緊急事態宣言が延長された頃。

花壇は、チューリップが終わって、球根を抜いてすき間があいて、ビオラが徒長してグダグダになり始めてます。

西洋オダマキ1株だけ、やけに大きく成長して、真ん中に陣取っています。
そのほかは結局、新しい苗を植えたりせず、あるがままに放っておきました。

ラベンダーが、ひたすら自由に大きくなってます。

今年はとにかく、こぼれ種で発芽したオルラヤがあちこちで自由奔放に花を咲かせて、通路もお花畑化。

まぁ、でも、これはこれできれいで、ありがたい。
バラも喜んでます。

んん??
結局、私が手を出さず、放っておいたお蔭で、当初の目標であった「ブルーガーデン」になってきたような・・

お花を切ってみたら、どれも白かブルー系だったわね・・。

名前忘れてしまった、球根の花。

丁子草。ブルーがきれい・・・

ここ、大人っぽくて、好きなコーナー。↑

クレマチスとつるバラとテイカカズラの、ぐるぐるのコーナー。

つる性植物の成長が自由すぎて、育児放棄。

5月末、バラもそろそろ終わりです。

お花の色も変化。この白多めの感じが美しい。

バラが終わるとユリが咲いて、ブラックベリーの花が咲き始めます。

そのブラックベリー、例年、実を収穫しては冷凍して翌年までそのまま、ということをくり返していたので、今年からすぐに煮ることにしました。
と言っても、グラニュー糖かけて、レンチンして終わり。
でも、これでそこそこベリーソースになってます。

7月に入ると、ブルーベリーも色付いてくるので、

バニラアイスのっけて、ベリーソースかけて毎日食べています。
甘酸っぱい、夏の味です。


蚊が出始めてからは、すっかり庭には出なくなりました。
雑草がはびこっても、この猛暑では草むしりも出来ず、見て見ぬふり。
ガーデニングは、空気がひんやりして来るまでお休みです。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか・・
私は、ひたすら家に居ます。
仕事以外には、本を読んだり、漫画を読んだり、サブスクで映画やドラマを見たりしています。
ブログに書くような事は何もなく、坦々と一日が過ぎていきますが、でも、これと言って悪いことも起こらないので、良しとします。
もともと引きこもりの私には、外出自粛は、今に始まったことではありませんでした・・

変わったことはというと・・、そう・・現金を使わなくなりました。
クレジットカードとスマホ決済で、キャッシュレス化が進みました。
そんなところでしょうか・・


暦の上では秋ですが、まだまだ厳しい暑さが続きます。
みなさまどうぞご自愛下さい。

2020-08-19 | Posted in 季節の出来事 | タグ: Comments Closed 

関連記事

木の雑貨-Folkie
木の雑貨屋さんフォーキーのサイトは、月ごとにセレクトしている音楽が人気です。上の写真をclick or tapすると、新しいタブでページが開きます。音楽を聴きながらゆっくりご覧ください。