今この時期にしか食べられないものを集中して食す 2018/07/05/Thu

関東地方は、観測史上最速6月中に梅雨明けし、その後連日の30度越えのため、史上最速で夏バテしているワタクシでございます。
みなさまは、いかがお過ごしですか?

さて、今日は、今年初めてのこちら。

枝付きの枝豆

枝付きの枝豆でございます。地元農家さんの畑の、採れたてです。

ハサミでチョキンチョキンとさやをはずすのが好き。

粗塩小さじ1ぐらいをまぶして、茹でます。茹でるといっても、私は「小林カツ代さんレシピ」カップ1杯の水しか使わないというのをやっているので、茹でるというよりは、蒸す感じでしょうか。

まだ火にかけていないお鍋に、枝豆とお水を入れて、蓋をして火にかけます。
お水の量、カツ代さんはカップ1杯ですが、私はもっと少ないかも知れません。枝豆自身の水分で蒸す感じです。
キッチンタイマーを5分にセット。2分半たったら天地を返して、もう2分半。ひとつ味見して、硬かったらもう少し。

自分好みの硬さになったら、ざるにとります。(水は絶対にかけないで!)

塩気が足りなかったら、お好みで振り塩を。
たっぷりのお湯で泳がせるように茹でるより、水っぽくなく、味が濃くて、甘く仕上がるような気がします。
お湯を沸かす時間もガス代も節約!しかも美味しい。もしかして、栄養も逃げていないかも。

枝豆は、一年中冷凍で食べることは出来ますが、生で、しかも枝からはずした採れたてを食べるられるのは、この時期だけ。
見つけたら、すかさず買って、集中して、繰り返し美味しくいただきましょう。
なんと言っても、ホカホカの茹でたてを、ざるからつまみ食いするのが一番おいしい!

 

2018-07-05 | Posted in おいしいもの | タグ: Comments Closed 

関連記事

folkie
ウッドボックス・ウッドバスケット・ソーイングケース・トレー・時計など手作りの木の雑貨とイギリス、フランスのアンティーク雑貨。フォーキーの商品は当サイトの商品と一緒にお届け出来ます 上の写真をclick or tap!