バラの終焉と夏へ向かう5月の庭 2018/05/23/Wed

着ると暑い、脱ぐと寒い、何を着たらいいのか全くわからない毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょう。
4月と5月は、庭のお花が最盛期です。
庭に出て、花殻を切ったり、殺虫剤をスプレーしたりしながら、時々写真を撮っています。特にこれと言って先月と大きな変化があるわけではないのですが、自分の来年の参考のためにも、記事にしておこうと思います。

イングリッシュローズ

今、私の庭にはバラが4本あるのですが、唯一ピンクではない、白のイングリッシュローズ「ウィンダミア」。今年は去年よりは花が小さかったけれど、花数は増えました。でも、相変わらずの花持ちの悪さ、満開と同時にパラッと散ってしまいます。香りが最高なのに、残念なバラです。

フレンチローズ

フレンチローズのつるバラ「ブラッシュノアゼット」。

クレマチス・テッセンとブラッシュノアゼット

テッセンと混ざりあって咲いています。

クレマチス(テッセン)

テッセンも満開。花数がかなり増えました。

テイカカズラ

その横には、テイカカズラ。いい香りです。

5月の前半は、パープルやブルーのお花がきれいです。

バラの花ピエールドロンサール

バラ、ピエールドロンサールはどんどんつぼみが開いて

最盛期にはモリモリで、迫力出過ぎ・・・

ピエールドロンサール

でも、花の美しさは相変わらずで、ため息が出ます。

咲き進み、花の中心部が変色したものからカットしていくと、後半咲いて来るものはピンクの色が薄く、白っぽくなっていきます。花の形も、まるで違うバラのようです。

庭全体が白と淡いピンクに包まれます。

ピンクラベンダー

初夏の花、ラベンダーが株を大きくしています。これはピンクラベンダーなので、

いまひとつ存在感が薄い・・・

白のスイートピー

スイートピーって、思っていた以上に背が高くなることを知りました。そして、香水のように強くてエレガントないい香り。

さすがマメ科。豆が出来ました。

さて、これでほぼ春のお花が終わり。これから夏の庭へ。 ユリ、グラジオラス、メド―セージ、ベリー類の実、そして

種を蒔いたホウセンカの双葉。無事育って花を咲かせて、パンとはじけるあの種を見るのを楽しみにしています。
蚊が出てきて、暑くなるとだんだん庭への興味も薄れていってしまいますので、あとほんの少しだけのお楽しみです。

 

2018-05-23 | Posted in 季節の出来事 | タグ: Comments Closed 

関連記事

木の雑貨はこちらのサイトに移動しました
オンラインショップにお裁縫箱や布の収納に使えそうなボックスやウッドバスケットなど並んでいます。上の写真をclick or tap!