Blog

野菜が高い時のアンケート途中経過報告 2016/11/06/Sun

3日の記事に設置した簡易アンケートの経過報告でございます。

質問1.
個人的には、皆さん高いものをわざわざ買わないのでは?と予想していたのですが、今の所「買わない」と「仕方なく買う」は、ほぼ同数です。
やはり、値段がどうあれ野菜は必要不可欠ということですね。

質問2.
時期的に白菜とネギが来るのでは?と予想していたのですが、現在キャベツが頭ひとつリード。

質問3.
予想どおり「もやし」が先頭を走っております。20円30円の世界でものが買えるって、今の世の中他にあるでしょうか?もやしの健気さ、もやし生産者さんの努力に感謝しなければ・・・

そして、
今わたしが一番感じていること、それは、アンケートを安易に設置してはならない・・・
(^_^;)

いっぱいご回答下さり、ほんとにありがとうございます。
野菜売り場で働くことになったら、この結果を生かして出世しようと思います。
あとから、お住まいの地域とか、「その他のもの」って何だろう・・・書いていただけるようにしておけばよかったな・・・と、後悔しました。

でも、
無記名のアンケートは、気軽に送信して頂けることがわかったので、次は本業の方に生かしたいと思います。
「好きな色」や「縫ってみたい形」、「インテリア」についてのアンケートなどとってみたいな、と思っています。

(^-^)

だいぶ、価格も下がってきているようですが、野菜のアンケートは、10日まで設置しておこうと思います。
ぜひご回答下さい
3日の記事

 

 

 

2016-11-06 | Posted in おいしいものComments Closed 

 

豪華なはず?のお鍋に残念な違和感 2016/11/03/Thu

冬のような寒さなので、一度カゴに入れたお刺身を戻して、お鍋に変更。
まだまだ野菜が高くて

img_4450

肉さかなの方が多い・・・

(~_~;)

ふだんならこれは「豪華?」とも言えるはずのに、野菜が高いせいで全くそうは感じません。

ネギも白菜も高いので、お鍋は結構つらいです。
よそ様のカゴの中をチラ見しても、野菜は入っていませんでした。

img_4452

大根が高いせいで、おでんの具、練り物やこんにゃくも売れていないような。
野菜が高騰している時、皆さんどうしていらっしゃいますか?
よかったらチェックを入れて送信して下さい(記名不要、2と3は複数回答OKです)

(^-^)

 

2016113

↑こちらはダミーです。11月10日でアンケートの設置は終了させていただきました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

2016-11-03 | Posted in おいしいものComments Closed 

 

ここに来て 空前の『ひつじのショーン』ブーム到来 2016/10/31/Mon

ニック・パークのクレイアニメが大好きで、『ウォレスとグルミット』は、ビデオテープが擦り切れるほど繰り返し繰り返し見て来ました。
日本語版の欽ちゃんの吹き替えが最高です。

そして、
この夏から、私とペンちゃんに『ひつじのショーン』ブームが到来。『ウォレスとグルミット』に登場していたキャラクターのスピンオフとして作られ、もう10年ほど前からNHKで放送されています。これまでそんなでもなかったのに何故かここに来て、はまっています。

img_4299

とにかく癒されます。何が良いって、台詞がありませんのよ。
1話7分のアニメ(ストップモーションアニメーションです。粘土の人形を少しずつ動かして撮影したものをつなげる手法)ですが、動物、羊や犬の鳴き声と、一応人間も登場しますが、オ~とか、ウ~とか、チッとか、ブツブツ言う音を発しているだけで言葉は発しません。これは羊目線の人間を描いているからだそうです。

とにかく発想が面白い。ショーンは牧場主の見ていない所では普通に二足歩行で、羊毛は着脱可能、下には赤いブリーフを履いていて、ヘッドフォンで音楽を聴いたり、人間と同じように行動します。いたずら大好きな男の子、頭の回転が速くて何にでも興味を示します。セリフがないので、すべてを子供にも理解出来るように描写されていて、脚本が単純明快で秀逸です。クスッと笑えて、後味スッキリ。
イギリスのカントリーサイドの牧場が舞台なので、私は秘かに牧場主の家のインテリアを楽しみにしていて、家具や壁紙、照明器具、家電製品など粘土なのにちょっと憧れています。

昨年公開された映画『ひつじのショーン バック・トウ・ザ・ホーム』は我が家では最高傑作の呼び声高く、もちろん1時間以上まったく台詞なし。すべてを粘土で表現する忍耐と根性、爆笑&ほろっと泣かせる名作です。
これを見ると、ありきたりの日常がどんなに大切か思い知らされ、しかも「誰しもみんな必ず誰かに必要とされている」という温かい安堵感に満たされます。ペットがいる方は、たぶん胸がキュンとなると思います。

img_4298

ペンちゃんは今発売されているDVDをすべて購入。

img_4300

ポーチはお揃い。

img_4294

50cmのショーンはペンちゃん大のお気に入りで、家に居る時は常に携帯しています。
今年から社会人1年生になったペンちゃん。都会の満員電車に揺られ、日曜も祝日も盆も正月も関係ない夜勤のある仕事をしているので、やはりつらいことも多く、ショーンを抱いて、懸命に心のバランスをとっているらしい・・・。ショーンの貢献度高し。

 

 

2016-10-31 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

布がやっと掲載100点。タグを使ってきっかけを見つけてみましょう 2016/10/26/Wed

布、当初の目標であった掲載100点にやっと漕ぎ着けました。300点以上あるので、まだ5合目にも達していないのですが、まず第一段階の目標はクリア出来たので、これからも毎日少しずつアップしていきたいと思っています。

先日、「ベース布」についての投稿の際、記事下にあるタグに注目してご覧いただきたい旨書かせていただいたのですが、品数が増えると、たくさんの中から選べる長所がある反面、探している品物に上手く辿り着けないという現象も出てきます。

そんな時のお助けになるのが、『分類』。視点を変えて分類してあるものを探っていくという方法です。

私のサイトの布のページは、まず色ごとのカテゴリで分類し、さらに柄の種類や雰囲気などをタグで分類しています。チェックの布が欲しい時にはチェックだけ色に関係なくまとめて見られたり、先日のようにベース布を探す時にも適したものだけをまとめて見ることが出来ます。

まだ数が揃っていないタグもありますが、これから新しい布が入荷するたびにそれぞれの属するタグの中に振り分けていき、布を探す時助けになるようにしていこうと思っています。

たとえばこちら、水玉のタグのページ

page-dot

色に関係なく、水玉だけが並んで表示されます。そのほか、ギンガムチェックだけ、小花だけなど、お探しの柄や雰囲気など興味があるものを辿っていくと、探しているものに行き当たる、または探す時間が短縮される、そんなことが起こるかも知れません。

こうして見ると、仕入れをする自分自身も、〇色の水玉は無いなとか、この雰囲気は少ないなとか、偏りに気がつくことが出来る上に、あら・・・水玉だけで作るのも可愛い?・・・そんなふうに、布選びのきっかけも作ってくれるかも知れません。

 

まずは何かひとつ布のページを開いてみて、その記事下にあるタグをクリックしてみて下さい。

tug

品数が増えれば増えるほど楽しみも増えるので、頑張って載せていこうと思います。
(^-^)

 

 

ひきつづき参加者募集中でございます。
ワークショップ『プレゼントボックス』
土曜日の方がまだお席がございます。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2016-10-26 | Posted in お店の仕事Comments Closed 

 

布を使った手作り「手縫い」の次に好きな「貼る」カルトナージュ 2016/10/19/Wed

ただいまこちらの参加者募集中でございます。
ワークショップ『プレゼントボックス』
どうぞよろしくお願い致します。

布を使ったハンドメイドは、さまざまなものがありますが
もちろん、一番好きで得意なのは『手縫い』。
ミシンが苦手なので、だいたいのものは手で縫います。昔は、カーテンも手で縫っていました、薄い布ですが。

その、手縫いの次に好きなのは、「糊で貼る」のカルトナージュ。
img_3935

でも、
好きな割になかなかやる時間がなく、ちっとも上達しません。万年初心者・・・
もしかしてご参加の皆さんの方がずっと上手かも知れません。
私は、材料を用意して、ペースメーカーとして一緒に作るという役ですが
無事完成させて、作品を並べて記念撮影したいと思っています。

カルトナージュは厚紙に布を貼って箱を作るヨーロッパの伝統工芸。
大抵ごく限られた1~3種類程度の布で作品を仕上げます。
少ないのは選ぶのが簡単かと思いきや、それは逆なのです。

少ないのですから、ひとつの布の責任は重い・・・
やはり、布の選び方が見た目の良さを決めてしまいます。
考え過ぎるとなかなか決まりません。
普段、多種類の布を使う私には二つ選ぶのはかえって難しく、しかも技術が伴わないので、サンプル作りもなかなか思い通りにいきませんでした。

ボツが数個・・・

img_3922
それでも、
布に、筆でボンドを塗って重ねて貼っていく作業は、縫うのとはまた違った楽しさがあり、ただの1枚のボール紙が箱の形になっていく過程は、途中で手を止めて食事の支度をするのが残念なくらいでした。

これもほかの手芸と同じ。やればやるほど上手くなり、その奥の深さを知れば知るほどはまっていく・・・
個人的には、ちょっと本格的に手を出すのがはばかられる楽しさです。
なぜかというと、カルトナージュはパッチワークより部屋が散らかる・・・
しかも、カルトナージュはインパクトの強い布を使う方が良いものが出来る傾向にあるので、これを念頭に置いて布を仕入れ始めると、もう収集がつきません。

というわけで、今のところ私自身は趣味の域から出ず、本腰はまったく入っておりませんが、
カルトナージュはまだやったことがない、という皆様は、ぜひ一度足を踏み入れてみて下さい。
しばらくは、おうちに無駄に箱が増えることになると思いますが、楽しい時間が過ごせることは保証いたします。
でも、リボンやタッセル、刺しゅうやビーズなどとコラボし始めると、材料費が大変なことになりますので、お気を付け下さいませ。

 

 

2016-10-19 | Posted in お店の仕事Comments Closed 

 

野菜売り場でまゆ毛をハの字にしていたら 2016/10/17/Mon

野菜、高いですよね・・・、皆さんのお住まいの地域はいかがでしょう。
いまだ台風の傷が癒えぬのか、決して生産者さんもこのお値段は本意ではないとは思いますが
私の行っているスーパーでは、ネギは1本売りになっていますし、
葉物が98円になっていたので、「お。安い」と思って手に取ると、次に出る言葉は

「少な!」

野菜売り場で眉をハの字にしてじっくり回ったあと、結局もやしや豆苗やキノコなどをかごに入れ、日々敗北感を味わっているワタクシでございます。

そんなある日、仕事で茨城県に行っていた夫がトランクから出したものは。

\(◎o◎)/

img_3881

まゆ毛V字回復。

どれも100円台で、大きくてキレイで新鮮そう。
貧乏性なので、出し惜しみしたいけれど、痛んでしまってはもったいないので
さっそくいただきます。
まず、すぐ黄色くなってしまう蕪の葉っぱを辛いオリーブオイルで炒めて

img_3907

味付けは、美味しい沖縄のお塩だけで。

img_3904

蕪の塩揉みも。

img_3908

せっかくのお野菜ですもの、大事に、シンプルに味わいましょ。

img_3910

ペンちゃん(娘)のリクエストで、今年もこのお鍋です。

img_3899

昆布だしに豚肉ちょっぴりと、お鍋いっぱいの白菜。春雨を入れて、薄味で。

img_3901

食べる時に、お塩とオイル(オリーブオイル、ごま油、ラー油など)で好きに味付けして食べます。
たっぷりあった白菜も、あっという間に減ってしまいました。

我が家はしばらく充実野菜生活が送れそうです。

でも、はやく価格が安定して、気兼ねせずたっぷり食べられるようになりますように・・・

 

 

 

2016-10-17 | Posted in おいしいものComments Closed 

 

今年もスーパーのお菓子売り場にこれが並び始めました 2016/10/14/Fri

img_3651

ロッテのバッカス。 大好き・・・
夏の間は並んでいないのでこれが出てくると、秋だな~と感じます。

img_3659

大人のチョコレートですが、子供の頃から好きでした。去年そのことを書いたら、「私もです!」というコメントを結構いただいたので、面白かったです。
バッカスは、私と同い年。超ロングセラー商品。
この、ちょっと古臭いパッケージ・・・イラストが下手なところも、レトロ感があって好きです。

img_3652

だいたいいつも一緒に売られているこちら、「ラミー」も大好き。

img_3656

ラム酒漬けのレーズンが入っています。

どちらも食べ過ぎ注意です。
買わなきゃいいのに買っちゃいます。

あら、でも、私は決してロッテの回し者ではありません。
だって私は明治派ですもの。
冷蔵庫に明治のブラックチョコレートを切らしたことはございません。
高級ブランドチョコレートより、有名ショコラティエのチョコレートより、日本の、明治のチョコレートが一番美味しいと思っています。

 

 

2016-10-14 | Posted in おいしいものComments Closed 

 

今年も葡萄が届きました 2016/10/11/Tue

「寒い」・・・。年々秋が短くなって、夏から直接冬になるような印象です。

今年も、同級生の葡萄が届きました。
大学ではテキスタイルを専攻していたので、クラスメイトは紡績、アパレル、デザイン関係などに就職した者が多い中、脱サラし長野で葡萄作りをしている彼を、今はクラスみんなで温かく見守り、応援しています。
どんな仕事もそれぞれ大変な面はありますが、 自然が相手ですし、ある一時期だけが死ぬほど忙しい、なかなか険しい道だろうと思います。

でも、出来上がった葡萄は本当に見事で、見た目からしてデパートで売られているような高級品。
私もここだけは贅沢して、毎年注文して秋の味覚を堪能しています。
今年は、「おまかせ 葡萄詰め合わせ」というのを頼んでみました。

わ~

箱の外まで甘い香り・・・ 丁寧に包まれて、品種のシールが貼ってあります。

img_3825

↓ ロザリオビアンコ。細長い楕円、皮が薄くて実はサクッと歯切れよく、さっぱりとした甘さでいくらでも食べられます。もちろん種なし。

img_3828

↓ 種なし巨峰。濃縮ぶどう果汁をそのまま食べている感じ。甘さが濃ーい。皮も食べられます。

img_3831

↓ 翠峰。粒が驚きのサイズ。種なしで皮も美味しく、上品な甘さ。

img_3833

↓ そして、ピオーネ。甘さが濃くて粒がとても大きい。まん丸の実。凍らせても美味しいです。

img_3834

葡萄は年々進化し続けていて、種がなく、皮もいただけて、とにかくジューシーで甘い。

img_3837

はぁ~  贅沢・・・

朝、収穫したものを、その日のうちに送ってくれているのです。
同級生だからか、毎年注文しているからか、ナガノパープルのジャムがプレゼントに入ってました。
ラッキー。

img_3827

 

本人のブログは、忙しいのかなかなか更新されないので、奥様の可愛いブログをどうぞ。
櫻林葡萄園の日常。
おうちも素敵です、雑誌にも掲載されています。

 

 

2016-10-11 | Posted in おいしいものComments Closed 

 

控えめなものにこそ大きな役割がある 2016/10/07/Fri

布の掲載は、なかなか進みません。
昨日やっと70点を越えたところ、頂上はほど遠く、まだまだ登らなければなりません。

ところで、
新しいホームページになってから、気が付いていただけましたでしょうか・・・?
布は、色ごとに分けてあるほか、下の方を見ると「タグ」というものでも分けられています。
色とは関係なく、「小花」「水玉」「チェック」など、探しているものが見つけやすいように、布の特徴でも分類してあります。

tug

その中に、「ベース布」というタグが出てくるものがあります。
デザインの中で、目立たせたいものの土台になる布、背景になる布、主役を引き立てるための脇役布、そんな時お薦めというものに、このタグをつけています。

base-nuno

そういう役割の布というと、真っ先に浮かぶのが「無地」ですね。
もちろん、無地も選択肢のひとつですが、普通なら無地を持って来そうな部分に、微かに柄が入っているものを持ってくると、思った以上にいい仕事をしてくれます。

たとえば、この布

img_3240

白地に白で草花がプリントされています。1mも離れると柄は全く見えません。
だったら白の無地でも同じでしょ?と言いたくなりますが
実際は、この布を使うのと白の無地を使うのとでは、結果は大きく違います。
無地はあくまで無地。
そこには色や素材感以外のイメージは存在しません。
でも、ほんの少しでも何か柄がついていたら、イメージはそれに従って傾いていきます。
この布をよく見ると、「草花がある・・・何の花だろう、風に揺れている? 秋かしら?」
そんなふうに、人のイメージは無意識に動いていくのです。
これは花のような具象ではなく、ただの点々や線だとしても、そこには何かしらのイメージの入り口が広がっています。

土台になるもの、背景になるもの、脇役になってくれるもの、
ゆえに
目立って欲しくはないけれど、でも秘かに自分のイメージを託してみる、
そういう布を持っていると、饒舌に語らなくともスンナリ伝わることがわかってきます。
そして、何か作る時に、その存在にいつも助けられていることに気がつきます。
派手さはなく、不要な時にはスルーしてしまうような布ですが
いざ、必要になった時に探すとなかなかいいものに巡り合わない
そういう類の布とも言えます。
主役級の布は、目立つのですぐに手に取ります。
でも本当に重要な役割を担っているのは実は控えめなものの方なんですね。
意識してベース布を集めておくと、布合わせに苦労する時間が格段に減ります。

存在感がほとんどないので、写真に上手く写らない上に
商品に添えてある説明は、「柄はほとんど見えません」など、 はなはだ消極的な内容になっておりますが、
実際は大変役に立つ、 持っていると重宝する布ばかりです。

特に、
教室に通っていて課題をこなしている、サンプラーキルトを作る予定がある、マンスリーキルトに挑戦している、そのような皆様はぜひ手持ちのベース布の種類を増やしておきましょう。
お気に入りの布が引き立ち、布選びがすんなり楽に進むようになります。

 

 

 

2016-10-07 | Posted in お店の仕事Comments Closed 

 

庭のキンモクセイが咲いていました 2016/10/06/Thu

昨日吹いた風で花が全部落ちてしましましたが
今年はキンモクセイがたくさん咲いて良い香りが部屋の中まで漂ってきていました。

img_3454

キンモクセイは、前年に大きく剪定すると花が咲かないのだとか。
いつも春に虫がついてよくわからないまま適当に伐採していたので、花が少ない年が続いていました。

img_3455

去年は、虫がついたらついたで放って置いたんでしたっけ?
そのせいか、花はたくさん咲きました。
小さいので気がつかないのですが、ひとつひとつの花が可愛い形をしています。
花びら4枚。

img_3456

キンモクセイも、毎年どんどん背が伸びていきます。
剪定しなかったのは、もう脚立に乗っても上の方に手が届かないからあきらめた、ということだったような。
手に余り始めているのは確かですね。
隣家が迫っていますし、今後はどうしたら良いものやら・・・

 

 

 

 

2016-10-06 | Posted in 季節の出来事Comments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第1位「グルテン」 2016/10/03/Mon

堂々の第1位は、当然これでございます。

グルテン。

文字大きく太くしてみました。それぐらい影響が大きかった出来事、なかなか良かったどころではございません。心底よかったです、これをやめて。

7年目になるこの「まち針日記」には、時々私の体調が悪くなっている記事が上がっていましたが
今年 2016年の1月31日に初めて「グルテン不耐症」という言葉が登場しています。

『グルテン不耐症を考える』

グルテンというワードを調べてみると、「小麦粉などに含まれるたんぱく質」とあります。
小麦粉に水を加えてこねたものを水で洗うと、まずでんぷん質が流れ出て、あとに残ったものがグルテンだそうです。その含有率が多いのが強力粉、少ないのが薄力粉、中間が中力粉。

不耐症は、一言で言うと「体に不調を来たす」こと。アレルギーとは違うので、発疹や呼吸器系の障害、ショック症状などの重篤なものはありません。グルテン不耐症は、グルテンを摂取すると体調が悪化すること。
私の場合は消化不良、胃部膨満感、疲労感、眠気、集中力の低下、気分の落ち込みなどでした。
その他一般的には、下痢・便秘・頭痛・めまい・吐き気・不眠・うつ症状などが挙げられています。

私は30代の頃からだんだん食べると調子が悪くなるものが増えてきました。でもそれは胃が弱いせいだと思っていたのです、消化機能が普通の人より弱いのだと。
小麦粉ものを食べるとおかしくなるのも、何となく感じてはいましたが、単に胃が弱いせいだと思っていたので、夏になるとそうめん冷や麦、うどんやパンが多くなって、ただ「胃腸がおかしい」「夏バテしてる」と書いていました。長い間、市販の胃薬も手放せませんでした。

今年に入ってからやっと自分が「グルテン不耐症」だとわかり、それを排除することにより体調が劇的に変化しました。食事をしたあとに、先ほど挙げた不調はなくなり体調がよくなっただけではなく、メンタルもかなり上向きになりました。
こうなってみると、もっと早くわかっていれば・・・と悔やまれてなりません。

でも、なぜ、わからなかったのでしょう。

スポンサーリンク

今、考えてみると、それは私の朝の習慣にありました。
私は、朝食に、トースト1枚とコーヒーをとるというのをかなり長い間続けていました。
食パン1枚は、本当にギリギリ症状の出ない許容量だったらしく、パンが原因物質だとは疑ってみたことがありませんでした。同じように、うどんも、そうめんも、パスタもラーメンも、ある一線を越えなければ症状が出なかったので、特定出来なかったのです。
食パンは、1枚は大丈夫なのに、1.5枚はX。麺類も、半分ならいいけれど、一人前全部はダメ。
ある時は、おでんを食べたあとに体調が悪化。
おでん?
大根に、こんにゃくに、玉子に、はんぺん・・・他にも具はありましたが、全くわかりません。
記憶をたどってみると、ありました有りました。その時は「車麩」を入れていたのです。
グルテンは、日本語では「麩質」と呼ばれる物質。お麩は、THEグルテンとも言える食品なのです。
和食の素材、植物性タンパク質=健康のイメージだったので、嬉々として食べていたのでしたが、結果は散々でした。

無知とは不幸なことで、パン作りも時々やっていました。思い返してみると、自作のパンを食べた後、私が元気だった試しはありませんでした。

img_2081

おそろしや・・・餃子の皮も手作り。

img_31151

食後はみぞおちさすりながら混沌とした時間を過ごしていました。

img_31221

どれだけの時間を、胃痛のために横になって過ごしていたでしょうか。
その無駄な時間を思うと、もったいなくて、ため息が出ます。

グルテンを抜くためには、当然食べられないもの、食べる量を減らすものが出てきます。
でも、体調が優れなくて不快などんよりとした時間を費やすのに比べたら、それは我慢のうちには入りません。
しかも、思いがけず、ほかにもいろいろ良いことが起きました。

今回このランキング6位で書いたように、私はこれといった運動はしない上、5位で書いたように無駄に油を増した食事をとっているにも係らず、全く体重は増えません。どちらかというと、低めに推移して増える気配はありません。
冷え症も今年に入ってから劇的に回復したように思います。夏バテも、例年に比べて短期間で終わりました。

そしてやはり何と言ってもメンタルにいい影響があるのは確かです。
新しいものに挑戦しようという気持ちが出ます。何かあっても自力で立ち直ろうとします。落ち着いて、物事の本質を見ようとします。イライラや不安や焦りも減りました。

たまたま胃部膨満感を解消したいがために始めたグルテンフリーでしたが、こんなにいいことがあるのなら、もう別にパンやパスタは食べなくてもいいかなと思っています。

実際にどんな食生活をしているかは、また折に触れて書いて行こうと思いますが、(その後の記事はこちら
もしこれをお読みいただいている皆さんの中で、原因不明の体の不調などで悩んでいる方がいらしたら、地味にお薦めしておきます、グルテン抜き。
今日やったら明日すぐに元気になるわけではありませんが、ひと月後、ふた月後には確実に何かが変わっていると思います。

やめてよかったもの。
他を寄せつけない、ぶっちぎりの第1位、「グルテン」でございました。

 

 

2016-10-03 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第2位「ファンデーションのスポンジ」 2016/10/02/Sun

2位だというのに、一番チビた物で恐縮です。
やめてよかったもの、こちら「ファンデーションのスポンジ」です。

1002

じゃあ、ブラシ? パフ?

もう、何も・・・・・手でつけてます。
薬指と、中指、自分の手を使って。

前々から、何となく思っていたのです。
スポンジを使うと、肌につくよりも絶対スポンジに付いている方が多いって・・・
でも、
ここ、この隣のへっこみ・・・ここにはスポンジ入れろってことですよね?

img_3535

ですから、何の疑問も持たず、私もずっとスポンジ入れて使っていました。

あのスポンジって使い捨てなのでしょうか? 私は洗って何度か使っていました。
でも、毎日洗うのは面倒だし、洗わないと不潔だし、使い捨てはお値段的にも結構つらい・・・

もう手でいいか・・・

そうしましたら、これがなかなか良かったのです。
まず、「スポンジ洗わなきゃ」の呪縛から解放されました。
私の持論、「人間の手に勝る道具はない」、やはりこれに関しても然り。
細かい凹凸部分にも楽に塗れますし、指ならデリケートな目の周りなどをこすらずに済みます。
そして今までスポンジに付いていた分がちゃんと肌につくので、ファンデーションが長持ち。
どうせお化粧が終わったら手は洗うのですから、何の問題もなし。

はぁ・・・何故ずっとスポンジ使っていたんでしょ・・・

 

要するに、頭が固かったのです。
「付属品」「〇〇専用」「〇〇用〇〇」、そういう物をそのまま受け入れてしまう、疑問を持たないのがいけないんですね。
自分に合っていないなら他の方法を探す、試してみる、実験してみる、年々やらなくなっていたのですが
10位から3位までのいろいろやめてみたことを見ると、ここの所私がどんどんGoing my wayになっているのがわかります。
自分の中で当たり前になっていたことを一度やめて自由になってみよう、一般常識やみんながやっていることと違ってもいい、これこうしたらどうなる?
そういうふうに思考が動いていくようになったきっかけ
それがこのスポンジだったように思います。
小さな物ですが、始まりはここ、そういう意味での第2位です。

 

明日は第1位。私の毎日を大きく変えた、あれです、あれ。

 

 

 

 

 

 

2016-10-02 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第3位「まくら」 2016/10/01/Sat

いよいよあと3つ。第3位は「まくら」です。

みなさんはどんな枕をお使いでしょう。
最近は、特注で自分専用の枕をオーダーする方もいらっしゃいますよね。
私がたまに行くショッピングモールにも、オーダー枕のお店が入っていました。
こだわりの枕にお金を使う、それもいいですよね。楽しそう。
でも、私はまず、やめてみました。

teddy-720

↑ 可愛い写真をどうぞ。 (借り物です)

枕にこだわる方は、何らかの問題があってそうされるはずです。
よく眠れないとか、肩こりや首の痛みとか腰痛とか、寝起きが悪いとか・・・
わたくし、普段は肩こりも腰痛もない人なので、その辺のお安い枕でもまったく何の問題もなく過ごしていたのです。
でも一時期、背中が凝って不快だった(背中は自分でマッサージ出来ないからイライラしますよね)こともあり、実際は関係なかったのかも知れませんが、運動不足ではない他の理由が欲しかった私は「枕のせいかも」と言って、試しに無しで寝てみました。

そうしましたら、意外と快適で、体の違和感もなく、目覚めもスッキリしていたのです。

なんだ・・・無くても寝られるんだ・・・

それからもうずっと枕無しで寝ています。多分私だけかもしれないので、ほかの方の参考にはならないかも知れません。
予約待ちがすごい整形外科枕の先生も言っておられたような気がするのですが
睡眠姿勢で大事なのは「寝返り」が自然に出来るかどうかなんですよね。
言われてみれば、子供は本当によく動きます、寝ている間。
ペットなど見ていても、しばらくしたら体勢を変えたり、寝る場所を変えたりしています。
高い物を頭の下に当てて、じっと寝ているのは大人の人間だけです。
赤ちゃんの頃は枕らしい枕などせずに寝ていたのに、いつからか当たり前のように枕をし始めるのですよ、人は。
何でだろ・・・

baby_720
自分が、眠っている間どれくらい寝返りを打っているのかは不明ですが、朝起きた時に体のどこかが痛いということは、ほぼゼロです。私の年齢からしたら、これはなかなか良い状態だと思っています。

頭に当てる物は、私のように全く無しというのは極端ですが、思ったよりずっと薄いものでいいようなことも聞きます。バスタオルを折ったぐらいとか。
左右にくるくる寝返りを打てる、そういう状態がいいのでしょうね。
枕がないので、フリースタイルなわたくしです。
万歳して寝ている時もあります。赤ちゃん式・・・
睡眠は本当に大事です。長く寝られないなら、やはり質。
寝て起きた時が一番疲れているなんてことがないように
眠ってちゃんとリセットできるように、嫌なことがあっても一晩寝て忘れられるように
よく眠れる法則を自分で作れたこと。
「やめてみてなかなか良かった」まくら、です。

 

 

 

2016-10-01 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第4位「靴下の重ね履き」 2016/09/30/Fri

こんにちは。9月も最終日。いかがお過ごしでしょう。
さて
第4位のやめたことは、「靴下の重ね履き」です。

やっと「やめられました」。祝「やめてみた」です。
とにかくひどい冷え症で、2011年1月のブログにはこんなことを書いています

「着替えに30分」

とにかく手足が氷のように冷たくて、一番ショックだったのは、お豆腐屋さんの奥さん(当然水に何度も手を入れている人)に、小銭を手渡したら、私の手の冷たさに「ヒッ・・」と言って手を引っ込められた事です。
服も何枚も重ね着、靴下も一番多い時で4枚ぐらい履いていたでしょうか・・・
冷えに良いと言われることもいろいろやって来ました。
img_6792

あれから5年、やっと良くなりました。一般人になって来ました。
着替えはすぐ終わるようになりました。着る枚数も人並みです。ヒーターの前でうずくまることもなくなりました。
まだまだ完治ではないにしても、自分の中ではかなり克服出来ているように感じます。

そして、今心掛けていることは次のステージ。
「内観」です。
ヨガのレッスンに行くと、よく言われる言葉です。
簡単に言いますと、『考えるな、感じろ』みたいな事でしょうか。(「燃えよドラゴン」より)
今自分の体がどうなのか、心がどうなのか、本当のところを探ること。

靴下も、むやみやたらに重ね履きするのはやめました。
いつもなら、もう2枚くらいは履いている時期ですが、今日もまず素足。
足先は体のサーモスタット、無意識に布団から出したりしていることでもわかります。
暑いのか寒いのか、温めた方が良さそうか、動きを自由にしておいた方が良さそうか、ちゃんと感じて決めようと思っています。
今は靴下を、年間を通してほぼ1枚にすることによって、感覚を甘やかさないように仕向けています。
でもまぁ、それが出来るようになったのも、冷え症がある程度回復したお蔭ですが・・・

img_3491

ハサミを足に落とす、そういうことをやりかねない私なので、室内でも革のサンダルを履いています。
これ、靴下を4枚履いても大丈夫なように2サイズ上・・・
今は後ろが大量に余って、子供がパパのサンダル の見た目になっています。

 

 

 

2016-09-30 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第5位「油抜き」 2016/09/29/Thu

今日から後半戦、第5位でございます。
第5位は、「油ぬきをやめてみた」です。

これは普通に書きますと、やめたというよりは「油を摂るの始めました」なのですが
やはりまだまだ一般的には「抜く」方が主流なのではないかと思いますし、私自身もずっと控える方に傾いていましたので、それを「やめた」ということで。

今、私が使っている油は、

img_3461

ごま油、米油、えごま油、オリーブオイル、それから写真撮り忘れましたが、ラー油とバターです。
ごく普通のスーパーに行っても今は種類が豊富ですね。輸入食品店などに行くともう多すぎてよくわかりません。お高いものもいっぱい・・・
でも私もやはりスタートはオリーブオイルでした。そもそも味が好きなので、イタリアンでなくてもオリーブオイルを使って料理していたのですが、そのうちに「地中海地方の人は元気で長生き」その一因がオリーブオイルなのでは、と言われ始めて健康食品のように扱われるようになりました。そのまま飲んだり、塗ったりする方も。
ただ、地中海地方の方々の健康は、オリーブオイルだけでなく魚介類やナッツ類などをバランスよくたくさん摂るのが主な理由らしいので、油だけ摂ればいいわけではないようです。

とにかく「油」と聞くとカロリーが高いという理由で、まずは避ける減らす。お肉の脂身を切って捨てたり、テフロン加工のフライパンで油をひかずに調理したり、ノンオイルドレッシングにしたりと、いろいろやってきたわけですよね、ずっと。
でも、ここに来てやっぱり油は摂った方がいいんじゃないか?という風潮。

もう・・・どっちなのよ・・・

そう思ったのは、私だけではないはず。
でも、何となく今までしていたことを変えたら“どうなるんだろう”という興味から、まずいろいろな食べ物に「オリーブオイルをかけて食べる」というのを始めてみました。
その結果で良かったのは、お肌の乾燥が減ったことですね。バリアを張る、という感じです。
シャワー浴びるとわかるのですが、油の膜があるので水をはじくような。
その膜のおかげで、中の水分も蒸発しにくいのか、お肌や髪のトラブルは減ったように思います。冬の手荒れも減ったような・・・
それからだんだん他の油も減らすのはやめて躊躇せず使うように。さらにここのところ人気の「えごま油」などは本来油と縁のない和食にまでかけて食べたりしています。
今日も、ヘルシーなお蕎麦のお昼ご飯に、

img_3463
わざわざ油を入れてカロリーアップ・・・

img_3465
今の所、我が家で体重増加の人員は居りませんが、効果のほどはまだわかりません・・・
昨今、健康や美容の情報ときたら、今日の常識は明日の非常識ですから。

img_3466

米油やえごま油など、新しく使い始めた油もあれば
反対にやめた油もあります。

随分前から買わなくなったのは、サラダ油とマーガリン。
どちらも安価なのでスーパーにたくさん並んでいます。
私はある時、食品添加物などにこだわる人達がマーガリンのことを「食べるプラスチック」と呼んでいるというのを読んで、その言葉のインパクトに驚いてすっかり手が遠のきました。
含有されているトランス脂肪酸は、欧米では全面禁止の国もあるとのことです。
油に限らず、安く大量に出回っているいる理由は、考えてみなければならないところですね・・・

 

 

 

2016-09-29 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第6位「ウォーキング」 2016/09/28/Wed

きのうからのつづき、今日は第6位です。
やめたこと、「歩く」です。
嘘です・・・全然歩いてなんていなかったので、本当は
「歩かなければ、と思うのをやめた」です。
もともと運動するのは好きではないので、少しは何かしなければ。それには、手軽でお金もかからず、いつでも誰でもすぐにできること、やっぱり歩くことですよね・・・
でも私は通勤がないので、これがなかなか出来ません。外を歩いて来るには、まず服を着て、髪を何とかして、紫外線を防ぐ何かを塗って、靴を履いて行かなければなりません。しかも、ダラダラ少しだけ歩くのではなくて、きびきびと30分以上? 少し汗ばむぐらい? 出来れば1万歩?

0031

無理・・・

じゃあ、もっとハードル下げて、買い物に行くのだけでも歩きで行きましょうか。
でも現実の毎日は、
え?もうこんな時間?仕事を終え、片付けているともうすっかり日も暮れていて真っ暗。急がないと・・・
歩いている暇なんてないわ。重たいものも買いたいし、自転車で行こう。

出来ないとなると、ますます「やらなければ」と思ってしまって、だんだん思考がネガティブに。
健康で長生きするには歩くのが一番なのよね、ずっと座っている姿勢はよくないのよね、少しは歩かなきゃ、歩かなきゃ・・・
そんなふうに考えるのが日常になっていました。

でも、ふとラジオから流れてきた言葉。
お医者さまから「命とは何だと思う?」と聞かれた子供、「心臓?」「脳?」と答えます。
お医者さまは時計を指さし言いました、「命とは、時間だよ」

img_01751

ズキンと痛い。
ほんと。私にとっても、一番大事なのは時間なのに。
やだな、めんどくさいなと思っている時間がもったいない。そんなふうに思っている健康法が、体にいいわけないわ。
歩く時間がないなら、歩きたくないなら、必要なし。家で、ニュートラルな気持ちで、深呼吸している方が体にいい気がして来た。

きのうの節約も同じ。求めるのは節約そのものや結果ではなく、自分が楽しんでいる時間が持てているかどうか。全く節約にはなっていなかったただの赤い根っこのラディッシュ、水をやっている時間、土の中からまあるい美味しいラディッシュが出てくると想像していた間の楽しさ、そういうのこそ自分には大事だとわりました。
エアコンをつけずに汗だくになっている自分が可笑しくて笑いにかえられるならOK、そうでないなら節約なんて考えず涼しい部屋で心穏やかにしているべし。
牛乳使わなきゃと気にしているぐらいなら、少し高くても小さい牛乳を買って、また新しいのを買う楽しみを見つけたい。
歩いて買い物に行くのもあっさりやめて、自転車で少し坂を上ってスッキリすればそれで満足。
自分なりに機嫌よくいられる方を選ぶと、家族にも仕事にも落ち着いた気持ちで向かえるからその方がよかったみたいです。
本当は無理してでも歩いたり運動したりする方がいいのかは、実際の所今の私にはわかりません。でも、自分なりの考え方で時間を大事にしようと思っているので、心の平静は保たれています。

 

 

 

2016-09-28 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第7位「小さな節約」 2016/09/27/Tue

順位をつけていることにそれほど意味はないのですが、今日は第7位でございます。
7位は、 「小さな節約をやめてみた」です。

これは私の極々個人的な考えに基づく節約なので笑われてしまうかも知れませんが、自分では節約になっていると思ってやっていたことを一度やめてみました。

例えば、
去年までは、家に自分ひとりの時にはエアコンを使わないでいたのです、夏の暑い時も。
暑いのはわりと好きでしたし、何だかもったいないような気がして。
あとは、買い物する時なるべくお買い得な物を選んで買うようにする、例えば、小さいのより割安だから大きい牛乳を買うとか、そんな感じのことです。

もちろん、出費は抑えたいし、エコになることはやりたいとは思っています。でも、本質はどうなのか、もしかして涼しい部屋で快適に過ごして心穏やかでいた方がいいのか、
高くても小さい牛乳にして毎日新鮮なものを使う方がいいのか、
今年は自分流にゆるく考えるようになりました。

単に、お金や物やエネルギーを節約することよりも、それをすることによって、自分が機嫌よく居られるかを考えて、選んでやっています。

以前、野菜が高騰していた時に、節約のつもりで自分で育てたラディッシュは結局ただの赤い根っこでした。

img_62001

でもこれ、結果的に何の節約にもならなかったのですが、私の中では丸なことでした。
それは明日6位の「やめたこと」と同じ理由から。

明日につづく。

 

 

2016-09-27 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

やめてみたらなかなか良かったこと第8位「いつもの所」 2016/09/26/Mon

昨年から今年にかけて、いつも行っていた所をやめて、変えてみました。
これ自分としては、結構変えにくい所にメスを入れたのではないかと思っています。

歯医者 と 美容室。

どちらも、一度行くと、引っ越したりしない限り同じ所に行き続けてしまう、そんな類の場所ではないでしょうか。
下手すると、子供の頃からずっと同じ所、主治医のようになっていて変えることなど思いもつかないということもあるかも知れません。
私も、だいたいそんな感じでした。
歯科医は近くでかかって、近いし別にこれといった不満があるというわけでもありませんでしたし、美容室は10代の頃から同じ美容師さんにしていただいていて、練馬区を離れていた時を除いてずっと同じ所に通っていました。でも、
自分が長く通っているということは、もちろん自分も歳をとっている、当然美容師さんも歳をとっている、ふと見ると、両隣のお客さんも私よりご高齢の方々・・・
何となく行って、何となくオーダーして、何となく出来上がった髪型でお店を出る、そんな感じになっていました。

美容室の方はある日なんの脈略もなく、もし変えてみたら?と思いつきました。
歯医者さんの方は、たまたま歯が痛くなった時に、もし別の所に行ったらどんな治療をするのだろう、と好奇心からネットで探して行ってみました。

歯医者さんの方は、比べる材料があったので、気付かされることがたくさんありました。
前の方が椅子の座り心地ヨカッタな、とか、この先生の方が痛くないな、とか、治療費が安いのね、とか、受付は前の方が丁寧だったわ、とか。
どちらにもいい所とイマイチな所があったので、並行利用でもいいかなと思っています。
選択権は、患者にあるのですから。

美容室の方も、人が変われば私の髪や頭に対する見方も変わるのか、結果以前より髪が整えやすくなったので、やはり「変えたこと」の影響は大きいようです。
以前は濡れたまま寝たりしていたのを、しっかりドライヤーでブローするようになって、朝起きた時、髪を適当に結んだりピンで留めたりして誤魔化すということがなくなりました。
自分の外見に、歳だから仕方ないというあきらめ感が減少したというか、ちゃんとしようと思う度合いが増しました。これは、これからどんどん年齢が上がるにつれて、さらに強く意識しないといけません。
美容室を変えてみたことは、良いきっかけになりました。

haircut-83

いつもの所をやめて変えるのって、浮気をするような、慣れ親しんだものを見捨てるような、どこか後ろめたさを感じて出来なかったのですが、一旦変えてみたら、広がりはあるし、気付きもたくさんあって、なかなかヨカッタです。
何より、「変えたっていいんだ」と思えたことが、一番の収穫でしょうか。
ちょっとした冒険・・・結構勇気は要りました。

 

 

 

2016-09-26 | Posted in つれづれなるままにComments Closed 

 

1 2 3 4 5 6